スポンサーリンク

上手に手を抜く たった5つの方法

働き方

 

 あなたの周りには『手を抜くのが上手い人』はいますか?

俺要領が悪いし、何事も100点を目指さないと気が済まないんです。。
手の抜き方を覚えましょう!(^^)!
Daichi
Daichi

 私は昔から、学校の先生や職場の先輩、上司から『お前は手を抜くのが上手い』と言われ続けてきました。当時はなんのことか全く理解できず、”俺がサボってるって思われてるのかな?”と感じたこともあります。

こんな人におススメの記事☆

  • 要領が悪い
  • 完璧を目指してしまう
  • 仕事がはかどらない、時間内に終わらない
  • 毎日忙しい
  • 毎日時間が無い
この悩み、たったの5分で解決します!

この記事の信頼性

  • 周囲から憧れる生き方を実現
  • 数十人の方のマネジメント経験有
  • 時間の使い方、効率、要領について独自研究
スポンサーリンク

手を抜くとは

若いです, 女性, 女の子, 仕事, 作業, 研究, 勉強, デスク, オフィス, 主催者, 思う, 思考

手抜きというとイメージが悪いですが、サボりとは違います

なんかサボっている感じがしますが・・・
必要最小限の力で最大の力を発揮するコスパの良い働き方を知っているという事をいいます。無駄な事、無駄な時間は極力無くすという発想を持っているということです。

手抜きが上手な人の特徴

仕事, 入力, コンピュータ, ノートブック, プログラミング, ビジネス, 技術, インターネット

手抜きが上手い人はいくつか特徴があります。

①やることを頭に入れ、優先順位をつけている

 1日の中で何をしなければいけないのかを明確にしていないと何から手を付けていいか分からなくなり時間を無駄にします。また、締め切り日が来月のものを取り組んで本来の仕事をできなかったなど優先順位をつけておかないと上手くこなすことができません。

②仕事は先輩や後輩にまわす(任せる)

 すべての仕事を一人でこなすようでは、到底業務は終わりませんし効率が悪いです。「後輩にさせるとミスがでるから」「後輩にさせるより自分でした方が早い」など思っていては、いずれあなたは壊れます。他の人にできる仕事は思い切って任せることで、あなたは新しい業務を行えるようになるのです。

③100点を目指さない

 何事でも100点を目指すことはとてもいいことです。しかし、100点を目指す人ほど『仕事が遅いし、頭が悪い』という特徴があります。そもそも、上司や取引先からの課題において、相手は100点を求めていません。100点を目指すとレスポンスが遅くなりデメリットが生まれます。自分では100点と思って提出して突き返された場合どう感じますか?

『70点の内容で早く提出する』これがベストなのです。

④タイムスケジュールを立てている

 Q.1日の中でどのくらいの間隔でタイムスケジュールを立てていますか?

1時間刻みの人もいます。忙しい人は分刻みの人もいます。①で挙げたToDoリスト+タイムスケジュールを用いることで自分のできる能力を把握することができ、自分の可能な範囲内で仕事をすることで余裕が生まれてきます。

⑤ゴール設定が明確

 「この仕事は今週までに終わらせる」「今回の会議はここまで進める」などゴール設定を明確にすることで効率は大幅にアップします。

手を抜けない人は、いつまでもダラダラとやみくもに作業を行っているためメリハリが無いため、真面目に仕事をしているのに周りからは『仕事ができない人、遅い人』と思われがちになってしまうのです。

毎日の生活をどう過ごしていますか?

 Kindle, Ereader, タブレット, E リーダー, 電子ブック, 電子書籍, 大人, ぼかし

 ここで少し、最近の私の日々をお伝えします。

私の1日の流れとして、朝8時頃出社し、残業や職場での筋トレを含め19時~20時頃帰宅しその後夕食。食器洗い風呂洗いをし21時頃入浴。その後、自重での軽い筋トレを行うか、大好きなyoutubeを鑑賞。10時すぎからは、ブログを書いたり、読書をしたり、趣味でステッカーを作っているので、そちらの作業を軽く行ったりしています。だいたい25時~26時就寝して1日が終わります。

 これが私の最近のルーティンです。

皆さんはどのような1日の生活をお過ごしですか?

人間に与えられた唯一平等なもの。それは『時間』です。

この1日24時間の使い方・過ごし方がその後の人生に大きく左右します

職業柄たくさんの方と接します。10代~90代まで年齢は様々です。理学療法士という立場なので、自宅で筋トレやストレッチをお願いすることはもちろん、趣味を見つけることの重要性などを指導することがたびたびありますが、たくさんの方と普段の生活について話したとき、仕事をしている20代~60代はだいたいこのようなことを口にします。

毎日忙しい』『自分の時間が欲しい、取れない』と。

本当にそうなのでしょうか?

小さなお子様がいるご家庭の1日の例

 朝から弁当を作り、仕事に行き帰宅後、料理や掃除、食器洗い、風呂掃除などの家事を行いながら、子どもにご飯を食べさせ風呂に入れるなどの子育てを行ったりしていると、もう子供を寝かせる時間になり21時~22時頃子どもと一緒に寝る、または次の日の弁当や夕食の下準備などをこなしている。

中高生のお子様がいるご家庭の1日の例

 同様に弁当作りなどから開始し、子どもの世話は減ったものの、仕事上中堅などの立場になると仕事が終わらず、家庭に仕事を持ち帰り作業する。

 

どちらも、とても忙しそうです。

『本当に時間が無いのか?』

歩行者, ラッシュアワー, ぼやけた, 都市, 徒歩, 運動, 通勤, 人, 市, 生活, シーン, 忙しい

どちらの方も同じことを言います。

『毎日忙しい』『自分の時間が欲しい、取れない』と。

しかし、私はこう返します。

『本当に時間が無いのですか?』

次にこう聞きます。

仕事中のちょっと空いた時間、ゴロゴロしている時間、テレビを見ている時間、夕食を食べている時間、睡眠時間。必要以上にこのような時間を無駄に使っていませんか?

仕事中、1分も時間が空いてないですか?タバコを吸いに行ってませんか?家に帰り、テレビをダラダラと見たり、夕食をダラダラと食べ、無駄に入浴を長くしていませんか?1日8時間も9時間も寝たりしてないですか?

批判覚悟で申します。

そんな時間ははっきり言って『無駄』です。

1日24時間という決まった中で、時間の使い方で損していませんか

中にはこのような時間の使い方を批判した時、「リフレッシュになるじゃん」「ストレス発散」「子どもを育てたことがないからお前には分かるわけない」など言われたこともあります。

では本当に、このような行動あなたにとってプラスの有益なものになりますか

ということです。

時間や労力を有効的に使え

 ここで言いたいのは、『手抜きとサボりは別物』ということを覚えておいてください。お伝えした通り、私は昔から手を抜くのが上手と言われ続けてきました。

それはなぜか。

『要領が良い人間になりたい!』

と人一倍考えながら常に生活しています。 

 人は新しい何かをするとき、要領がわからず時間がかかります。しかしコツを掴めば時間を短縮して行えてくるはずです。

《仕事の例》

 Aさん:いつもニコニコしていて行動に余裕がある。

              要点を抑えているため仕事が速く、毎日定時で帰っている。

Bさん:いつもバタバタしていて落ち着きがない。

    仕事が遅く、毎日残業。ミスが目立つ。

AさんとBさんは何が違いますか?

手を抜くのが上手か下手か

たったそれだけなのです。

家事に例える

毎日の家事が忙しすぎて本当に時間が無いとします。

でも、1日24時間は決まっています。どうするのか。

『要領良くこなす』

それしかないのです。

世の中に出回っている便利グッズを活用してもいいでしょう、お金があるなら家事代行を雇ってもいいでしょう、自分なりの方法を見つけてもいいでしょう、とりあえず家事の出来栄えは同じかつ時短を目指しましょう。

まとめ

懐中時計, 時間の, 砂, 時間, クロック, クロックの顔, ポインター, ノスタルジア, アンティーク

時間は止まりません。今現在も1秒1秒進んでいます。確実に死に近づいています。24時間と決まった中で、時間を無駄にしてはいけません。

ゴロゴロするのもテレビを見るのも大事です。しかしそれがあなたにとって有益なものか判断しましょう。以前にもお話しいたしましたが。

24時間の決まった器の中で、何かを省かないと新しいことは取り入れられません。

上手に手を抜き、時間を有効に使いましょう。

自分の人生です。家族の時間に使うのも大事ですが、死に際に後悔しないように、自分の時間を一番大事にしましょう。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました